商標調査

弊所では、出願前の商標調査を無料で行っております。

商標調査の目的は、第一に、その商標が権利化できるものかを判断することにあります。

まず、絶対的に商標登録できないもの、つまりその商標が本質的に登録に適さないものか否かを判断することです。 例えば、チョコレートに「チョコレート」という商標を登録しようとする場合です。 この場合、「チョコレート」は、そもそも商品であるチョコレートそのものを示す名称ですから、このような商標は、自分の商品を他人の商品と区別できる目印になっていません。 このため、需要者はその企業が製造したチョコレートを再び購入しようとしても、目印がないのと同じですから、製造者の欄を確認したりしなければならず、購入の際には大変な苦労をするでしょう。 また、「チョコレート」なる名称はチョコレートを製造販売する全ての企業が使用できるようにしなければなりません。一企業に独占させるとまずいわけです。

次に、商標調査の主たる目的は、第三者との関係で相対的に登録できないものを発見することです。 年間10万件以上の出願がありますので、類似する商標は多くあるでしょう。類似するものがなければ登録できる可能性がありますので、商標登録出願をお勧めします。 一方、残念ながら同じような先行商標が発見された場合でも、登録するためにはどのようにすればよいかアドバイスをさせて頂きます。

商標調査の第二の目的は、第三者の商標権との抵触を判断することです。

先の例で、類似する商標が発見されたとします。すでにお客様がその商標を使用しているとなれば、その発見された商標権を侵害する可能性が高いと言えます。 そうなると、商標登録よりも、侵害対策をしなければならなくなります。 もちろん、弊所では回避策等についてご相談させて頂きますが、厳しい意見を言わざるを得ないこともあります。 放置してのちに大問題になるよりも、早期に手を打つべきです。

このように、商標調査では、登録可能性や侵害リスクを発見できるのです。

これらの調査は無料で行っております。なお、侵害対応については別途ご相談となります。

商標調査は、海外進出される場合にも同様に行うべきものです。

報酬は固定額 39,800円

(1)弊所の報酬は固定額ですので、安心してサービスをご利用いただけます。

商品区分を問わず 39800円

(特許庁に支払う出願料及び登録料・管理料・成功報酬は別途)

(登録可能性が50%未満の場合の出願を除きます。また、大企業等の所定規模を超えるお客様は、上記とは別料金となります。)

(2)出願後の拒絶対応は無料となっております。

出願した後、特許庁から拒絶理由が通知される場合がございます。 拒絶理由とは、「このままでは登録ができません。何らかの措置を取ってください」という特許庁からの通知です。 この拒絶理由通知に対しては、審査官の指摘に対する適切な応答が必要となり、高い専門性が必要となります。 弊所では、この拒絶理由対応の手続を、追加費用なしで行います。

他の事務所では別途多額の費用を請求されることがありますが、弊所では当初の固定費用に含まておりますので、弊所の商標出願サービスは、お客様が安心してご利用できるものとなっております。

なお、特許庁に支払う出願時の印紙代と登録料は、当然ながら、どの事務所も同額です。

外国出願

現在、弊所では、主要国である欧米、中国、韓国の他、台湾、ミャンマー、フィリピン、タイなどのアジア各国にも出願を行っております。

外国出願を行うには、各国で手続を行ってもらう弁理士等の海外代理人との連携が必要です。 弊所では信頼できる海外代理人との連携により、必要国での権利化を確実に行い、お客様の海外進出を支援しております。

進出国での商標調査は大変重要です。もし、同じような商標が進出予定国で第三者により登録されていた場合、その国への進出自体が難しくなったり、商標対策のために多大な時間や費用をかけなければならなくなります。 また、その国の文化が商標登録に影響を与えます。日本ではなんでもない言葉がその国では独占に適さない用語などであったりします。 やはり、最終的な登録の可能性については、現地の弁理士に判断してもらうのが最も良いでしょう。

出願においては、可能な限りはじめのうちから、商標権を取得したい商品やサービスを決めておくのが良いでしょう。

全ての商品やサービスを権利化するとなれば、大変な費用がかかりますが、 その一方で、後々必要となる商品やサービスについて第三者に先に類似する商標を取得されて事業展開が困難になるかもしれません。 これらは悩ましい問題ですが、担当弁理士による相談により、お客様の権利化を合理的に行えるように致します。

弊所では、これまでの経験やネットワークを活かして、合理的な報酬で確実な手続きを行う事務所を選定し、またそのような情報を日々アップデートしています。

条約(マドリッド・プロトコール)の利用

マドリッドプロトコール、通称「マドプロ」と呼ばれる外国出願も受け付けております。

この制度は、日本の出願を基礎にして、外国に簡単に出願できる制度です。

国際事務局に日本で登録した商標を国際登録することで、必要な国でまとめて権利取得ができます。 この制度は、インターネットに掲載されている説明ではご理解が難しいでしょう。

弊所は無料でご質問にお答えできますので、是非、言葉での説明をお受けになってください。 お客様の疑問が晴れるとともに、この制度のメリット、デメリットがご理解できるものと思います。

お見積り

外国出願費用のお見積もりは、概略であれば当日または翌日にご提供可能です。

具体的なお見積もりは、現地代理人の選定やその現地代理人との確認連絡が必要になりますので、数日頂戴いたしております。

売買・ライセンス

商標権は不動産と同じようなものと考えてください。

商標権は土地・建物と同じく、自分の所有物ですから、自分で使っても、他人に貸しても良いのです。また、他人に売却もできますし、持分を譲渡することもできます。最近では融資の担保に使ったり、信託して運用するケースもあります。相続の対象にもなります。 また、所有者や担保などは、不動産の登記簿と同じく、特許庁に備えた登録原簿で確認できます。

不動産もその運用の仕方で収益が大きく変わってきますが、商標権も同じなのです。このように考えると、いろんな使い方を想像できるのではないでしょうか。

一方、不動産と異なるのは、商標権が無体物であることです。 このため、特定の誰かに商標を貸しても、要はライセンスしても、同じ商標を別の人に貸すことができます。 これは不動産だと考えにくいものです。例えば、アパートの一部屋を別々の人に二重に貸することになりますから。

例えばフランチャイズチェーンを考えましょう。この場合、本部が店舗名などの商標権を所有しています。これを加盟店にライセンスし、その使用料を徴収します。 また、不動産を持たない会社でも、よいブランディング活動を行い、そのブランド価値を高めることで不動産と同等の財産を持つことができるのです。

利用価値の高い土地を自ら創り出すのと同じなのです。

なお、不動産のようなものですから、固定資産税のようなものとして、商標の維持年金を国に払わなければなりません。 不動産の場合、利用価値の小さい安い土地は税金が安いのですが、商標の場合、その価値にかかわらず一律です。

弊所では、売買の契約やライセンス契約を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

新しいタイプの商標の登録が始まっています!

これまで商標は、「文字」「図形」、「記号」などの視覚に訴える静的なもののみが登録の対象となっておりましたが、2015年4月から、聴覚に訴える「音」や「動き」などの商標が登録の対象となりました。 これにより、お客様のブランドを新しい視点から保護することが可能となっております。

登録は早いもの勝ちでございますので、これを機会に登録をご検討されてはいかがでしょうか。ご不明な点は何でもお気軽にご相談ください。

音(音響)の商標

テレビやラジオCMで流れている音や歌などが登録の対象となります。

諸外国の有名な登録例としては、久光製薬株式会社の「♪HISAMITSU」という4音で構成された商標や、 メトロゴールドウィンメイヤー社の「ライオンが吠える声」の商標などがあります。

一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

音の商標を登録するメリットとしては、以下のものが考えられます。

(1) 広告・宣伝の幅が広がる

例えば、目の届かない遠い場所にいるお客さんを自社ブランドで集客したい、店舗内で自社ブランドの宣伝を視覚だけでなく音でも行いたい、 音声で自社商品やブランドの宣伝を展開したいような場合は、音商標を登録するメリットがあります。

また、現在、文字商標を使用されている方も、文字商標に音を加えることによって、広告・宣伝の効果がアップすると考えられます。

自社ブランドの新たな展開方法として「音」商標をご検討されてはいかがでしょうか。

(2) 商品・サービスの差別化ができる

現在、「音」の商標による商品・サービスの差別化は、一部の大企業を除き、あまり行われていないのが現状です。

「音」の商標を他社に先駆けて行うことで、競合他社との差別化に大変役立つものと思います。

なお、「音」の内容によっては登録できない場合もありますので、詳細等はお気軽に弊所までご相談ください。

動きの商標

特徴のある物・人など動きを一体として保護します。

例えば、「鳥が地面から空へ飛んでいく一連の動き」「人が出会ってから手をつなぐまでの一連の動き」「ピッチャーが振りかぶってから投球を終了するまでの一連の動き」などが登録の対象となります。

動きの商標を登録することで、ブランドに強いメッセージ性を持たせることができます。

人は静的なものより動的なものの方が印象に残りますので、動きがユニークな商標は、お客様に強い印象を与えることができます。

動きに特徴があるブランドは、まだ少ないと思いますので、「動き」の商標登録をブランド戦略に活用されることをお勧め致します。

ご不明点や詳細等はお気軽に弊所までご相談ください。

その他の商標

その他にも、以下の商標が登録の対象となります。

(1) 色彩のみからなる商標

色彩のみで自社の商品・サービスが識別できる場合、貴重な財産価値がありますので、登録をお勧め致します。

(2) 位置商標

商品のある部分(包丁なら柄の部分、テニスラケットならグリップの部分など)に商品の識別性がある場合も、登録可能です。

(3) ホログラム商標

 例えば見る方向によって見え方が違う効果など、視覚効果に特徴のある商標は登録するメリットがあります。

登録できる商標の幅が拡がったことで、みなさんの商品・サービスブランドの展開方法の幅が拡がりました。